木のおもちゃ 皇室ご愛用 山のくじら舎

ブログ

木のおはなしとトトロの思い出

2021.10.15

こんにちは。マナです☻

突然ですが、10月8日は何の日だったかご存知ですか?

 

答えは……「木の日」!

初めて知りました!笑

「十」と「八」を組み合わせると「木」になることから、身近にある木について知り、木材を使ってもらおうという日になったとか。

 

でも、木は切ってもいいの…??

こどもが抱く素朴な疑問。

 

実は森林を守るためには、木を使うことが大切。木をたくさん使えば日本の林業が活性化され、森の手入れがもっと行き届くようになります。

そうすると二酸化炭素(CO2)をたっぷり吸収する健全な森林が育っていく。「植える、育てる、伐る、使う」というサイクルが続いていくのですね。

 

 

山のくじら舎では、主に高知県産のヒノキやスギ、ケヤキやサクラの木を使っておもちゃを作っています。森からやってきた木がおもちゃへと姿を変えて、沢山のこども達の元へ。

小さな森を届けているような気持ちにもなります。

木の香りや手触りを感じたり、心地いい音を聞いたりしながら、自然を身近に感じて、興味を持ったりしてくれたらいいな、と思います♪

 

前回のブログにも出てきた『となりのトトロ』のお父さんの言葉。

「昔々、木と人は仲良しだったんだよ」

想像力を掻き立てるひとことだと思いました。

 

トトロといえば…

急に余談になりますが、

長女が2歳の頃、どハマリしたのがトトロ。

 

録画したトトロを見せて見せてと毎日毎日、擦り切れるほど見た日々。

(こどもって飽きるまでが長いですよね)

 

そうすると、普段の生活に自然ととりこまれ、度々はじまるトトロ劇場。

 

私がトイレに行こうものなら、ダッシュで追いかけてきて、

「おべんじょ!!!」

といって思いっきりドアを開けられる....

(せめて開けたら閉めるとこまでやっておくれ。)

 

 

トイレットペーパーの芯があると、

「そこぬけだあ!!!!」

といって、家の中をどんぐり探して歩き回り。

もちろん、発見するのは、

どんぐりじゃなくて。

 

「ほこり!!」と言われて拾わされ。

「かみのけ!!!」と言われて拾わされ。

 

あ~。そういえば、カピカピになったおじゃこと納豆もよく出てきたっけ。。(お恥ずかしい。)

 

2階で寝てるお父さんを起こす時はもちろん、

 

「まっくろけけけけ、でておいでー!!!!!でないと、あたまを、ののくらぞーー!!」

 

となるわけです。

(ゆえてない。笑)

 

 

ある日の散歩中、「まあ。かわいいねぇ。こんにちは。」と、

山仕事を終えたおばあちゃんが声をかけてくれた時、、

こんにちはって言えるかなあ?

と思っていたら、

 

「ご精が出でますねぇ!」

 

と、返事をした2歳児。まさかの。

 

分かりますかね!?

サツキちゃんとメイちゃんのお父さんが、畑仕事してるおばあちゃんに、

ごせいがでますねぇ!と声をかけるあのシーン。

 

おばあちゃんも思わず吹き出し、笑った事が懐かしい。

 

そんな長女も、はや4歳。

先日の誕生日には、ケーキは自分で作る!と小さなパティシエになっていました。

成長が楽しみです。

 

 

そして

 

先日赤ちゃんが産まれた友人に、プレゼントしたものがありまして。

 

それがコチラの海パズル!

 

2歳のお兄ちゃんも一緒に遊べるものがいいよなあと考え、種類も豊富なパズルはどうかな、と友人にオススメして、選んでもらいました。

 

プレゼントって、もちろんサプライズも嬉しいのですが、

気に入ったモノを送るのも、とても喜んでもらえます。

 

思ったより大きかった!!木の香りに癒やされる!!すごくカワイイ!!と絶賛してくれた友人。

 

送った私も嬉しい!!!!

 

まだ遊べない赤ちゃんに代わって、お兄ちゃんがとても気に入って遊んでくれてるようです!!!

 

積み木みたいに重ねたり、お魚屋さんごっこしたり、海の生き物の名前を覚えたり、色んな遊び方を見つけて、仲良く遊んでくれたらいいなあと思います☆☆

 

ではまた。

 

 

マナでした。