只今たくさんのご注文を頂いており、納品までに2~3週間程度、かかる場合があります。お急ぎの際はお問い合わせください。よろしくお願い致します。

ブログ

忘年会2013

2013.12.28

こんにちは、アカネです。

全国のサンタさま、この度はたくさんのクリスマスプレゼントのご注文、本当にありがとうございます!!

お子様は気に入ってくれたでしょうか?どんなクリスマスを過ごしましたか?

大きくなって自分の子供時代を思い出すとき、あったかい思い出の中にストローファームのおもちゃたちがいてくれたらいいなぁ、そんなふうに思います^-^

 

さて、クリスマスが過ぎ、怒涛のクリスマス大作戦も無事終わりをつげました。

26日から残業も無し。今までがとても忙しかったので、なんだか拍子抜けした感じです。

クリスマスが終わると、途端に年末が近づいてきますね。

年賀状、大掃除、新年の準備・・・。まだまだやることが山積みのまま年末となりますが、みなさんはいかがですか?

来年こそはもっと早くから年賀状を・・・と思いながら、結局ギリギリに(笑)。

 

また、年末といえば忘年会!

今年もストローファームの忘年会がありました。

場所は安芸市にある“魚里(うおり)”という居酒屋。初めての場所でしたが、木がふんだんに使われた内装は趣があってとっても素敵でした。

魚里という名前だけあって、お料理も海の幸尽くし。鯨の煮つけ、カラフル海鮮鍋、巻き貝の塩ゆで、ヒラメのお刺し身、天麩羅、お寿司などなど。

どれも新鮮でとってもおいしかったです。

ブログ用に写真を撮ろう!と思っていたのですが、おしゃべりに夢中になって気づいた時はお料理はほとんど食べ終わった状態。ならば帰りにたくさん飲み食いした様子を撮ろう!と思っていたのに、すっかり忘れて結局写真は撮らずじまい。

 

すごいのが、ストローファームの忘年会は毎年社長のおごりということです。

今年もたくさん食べて、飲んで、笑って、楽しい忘年会を過ごさせていただきました。

本当にありがとうございました!!

 

その後は、女子ばかりで二次会を計画。ストローファームのスタッフたちはみんな仲がいいけど、仕事以外で会うことってほとんどないんです。ですから二次会は初めて。

喫茶店でめいめいが飲み物やデザートを頼んで、まったりとおしゃべりに興じました。

終ったのは11時半ぐらいでしょうか。

忘年会と二次会、とても楽しい夜でした。

 

さて、いよいよ年末です。

ストローファームの制作作業は26日で終了、職人たちは冬休みに入ります。12月28日~1月5日までは出荷作業もお休みです。

また来年もみなさんへ素敵なおもちゃをお届けできるよう、職員一同頑張っていきます^-^♪

トモ家のクリスマス

2013.12.28

こんにちは!トモです。

クリスマス(^^)!全国からの沢山のご注文ありがとうございました!皆様の周りに素敵な笑顔が見られましたでしょうか?

今頃、ストローファームで生まれたオモチャ達が活躍してくれてるのかな?楽しんでくれているかな?

そう考えるだけでなんだか嬉しくなってしまいます。
そんな私のクリスマス...

「末っ子にクリスマスプレゼントを作りたい」
そんな私のワガママにヨーコさんが「いいね!作って作って(^^)」と言ってくださり始まった今年のクリスマスプレゼント作戦。
萩野さん夫妻に木材を譲って頂き、お昼休みを利用して少しずつ制作することに。

どうやって作ろう?色々練っているだけでワクワクが止まらずニヤけてしまう。頭の中ではもう末っ子がプレゼントを開けて興奮する顔が見える!
「それ絶対サンタさんやないってバレるろ」と言われても私の妄想は止まらないヽ(´∀`)ノ

残された時間は少なく、頭で描いた物が完璧に再現できるのか不安もある中制作開始。
数日かけた制作作業。ラストに焼きペン、オイルも塗らせていただいて完成!乾くのが楽しみー(●´艸`)

クリスマスの日は足早に帰宅。

末っ子へのプレゼントはすぐに隠しました。見つからない事と喜ぶ顔をみられますように!と願いながら...

今年は仕事をお休みを取ってくれた旦那が張り切ってパーティの準備をしてくれました。沢山のご馳走に益々気持ちが高ぶります。

トモ家では初めてのクラッカーに子ども達もドキドキしながらパーン!!
クラッカーをやれなかった末っ子が激怒。号泣から始まったクリスマスパーティでした。
すぐにお腹も心もいっぱいに。

あとはプレゼント~

夜。子ども達が寝静まった後にパパサンタがウキウキしながら子ども達のベッドのそばや玄関にプレゼントを置きました。

「喜んでくれるといいね(^^)」

そう言って私たちも布団に入りました。

がっ!!

午前3時。
「ねえ!サンタさん来たかな?!」
次男の声。
「まだ来てないかもね。見てしまったらプレゼントもらえんなるき寝よう」と私は寝ぼけながら答えました。

午前4時半。
目を覚ますと私の目の前には3人の子ども達の顔。
「サンタさん来たかな」

えー!まだ4時半やでぇー?( ;´Д`)

しかもプレゼントはベッドのそばにあったはずなのに、張り切りすぎた子ども達の目には入らなかった様子。

「皆で家の中さがしてみたら?ベッドとかさ。」
と言うと猛ダッシュして行った子ども達。
「眠いなぁ。もう一回寝ちゃおうかなー。ウシシシ」
と布団に入ると、間もなくして聞こえてきた子ども達の叫び声!
「見てー!見てー!!」
と目を輝かせて嬉しそうに見せてきました。
あまりの盛り上がりに旦那も起き、「良かったねー」と一通り喜びを共感すると旦那は再び布団の中へ。

プレゼントを手にした末っ子。
袋を開けまず箱に入れたお菓子に興奮。そして私が作ったプレゼントにも喜んでくれました。良かったー!
準備からバタバタでしたが、ホッとした暖まる時間に私も嬉しかったです。

「良かったねー!良いもん作ってもらったねー!」と長女。
「もういいき。サンタさんは親やろ?」と長男。

いつまでもサンタさんを信じてもらいたいと願っていたトモ夫婦でしたが、来年はどうなるかな...

ごめんなはり線!

2013.12.25

こんにちは、トモです。

毎朝キンと冷える空気に布団から出るのが嫌になっちゃう季節。だんだんと起きあがる時間が遅くなり、忙しい朝に拍車をかけています。

ストローファームではストーブフル稼動で、忙しいスタッフに温もりを与えてくれています。
工房は毎日大忙し!
全国から沢山のご注文ありがとうございます。スタッフ一同心を込めて作らせていただきます(^^)

さて先日、ちょいと気分転換でもしよう!と、子ども達と『汽車』に乗ってきました。
汽車と言っても蒸気機関車などではなく、高知県の南国市後免駅から安芸郡奈半利町をつなぐ『ごめんなはり線』。
周りは皆なぜか『汽車』と呼びます。

電車のように電気を使い動くのではなくディーゼルで動きます。
ごめんなはり線の汽車が来ると、その音はまるでバス。ブルルーンと音を立てながら発車します。

今回私と汽車の旅をお供してくれたのは次男と末っ子。
普段は車ばかりで、走る汽車に憧れていた末っ子は大興奮でした。
私も久々の汽車に実は緊張していました。
なぜならごめんなはり線は『運賃箱』にお金を入れないといけないから。
昔からバスの運賃箱が苦手な私。走るバスの中で両替しなきゃいけない時なんて全身の血が引くほどです。

早めに駅に着くと早々に運賃を確認!
そして財布の中も確認!...小銭不在!
何とかしてくずしておかねば、、、

ワクワクする子ども達に笑顔で
「ねぇ、まだ時間があるからさ、飴ちゃん買いに行こっか?」
と話しかける私。何ともいえないアニメのような表情になる子ども達。
「なんでー?なんでー?」
と凹む末っ子を抱っこして飴ちゃんを買いに行き、無事小銭もget♪

駅に戻ると時間も土佐弁で言うぼっちり。(ちょうど良い)

汽車が来たよー!
私たちが乗ったのはデッキ付きの汽車。

ごめんなはり線

風を感じながら景色をながめることができます。(トンネルではご注意を。えらいことになります(^^;;)

最高じゃないか!とウキャウキャする私に少し引く息子たち。
「寒い~」「怖い~」
乗る季節もまずかった。そりゃ寒い´д` ;
早々にデッキを切り上げ車内へ。子ども達はニヤニヤしながら外を眺めていました。

駅に着くとそこは有人駅。
そう、運賃箱の出番無し。

到着した駅の周辺をお散歩してからまた帰りも汽車に乗りました。息子たちまた大喜びヽ(´∀`)ノ
今度は駅で切符が買えるから母ちゃんも自信満々!

帰りの汽車は何と2両目がイルミネーション列車でした。
恥ずかしがり屋の息子たちはイルミネーション列車に乗ることを拒み、トンネル内でキラキラ光る後ろの車両を興味深そうに眺めていました。もちろん一番興味深そうにしたのは私。
機会があればぜひ乗ってみたい!

興奮しすぎた末っ子は帰りの汽車で夢の中へ。

暖かな日差しが差し込みポカポカする車内でとても気持ち良さそうな顔で眠っていました。

ごめんなはり線2

ちょっとした気分転換もなんだか冒険したような気持ちになり、いっぱい元気を充電出来ました。

「またいこねー!」
末っ子が駅を見るたびに言う毎日です。

ストローファーム一押しケーキ!

2013.12.24

こんにちは、アカネです。

いよいよクリスマスですね!!!きっと子供たちは日本中にあふれるクリスマスムードにわくわくしながら、25日の朝を楽しみに待っていることでしょう。

「お願いしたものをちゃんと届けてくれるかな?」「今年こそサンタさんを見れるかな?」「もしサンタさんが来てくれなかったらどうしよう・・・。」

なんて、期待とちょっぴり不安が入り混じった子供たちの心情を想像すると、なんだかこっちまで楽しくなります^^

 

さて、クリスマスの楽しみといえば、もう一つがケーキ!

夢がいっぱいのクリスマスケーキのカタログを見ているだけで幸せです。

皆さんは、今年はどんなケーキを注文されているのでしょうか。手作りの予定の方もいますよね。

 

実は、ストローファームにもイチオシのケーキがあるんですよ!

お洒落で、ボリュームがあって、しかも材料は全て国産の、当店おススメのケーキでございます。

とはいってもストローファームは木工所・・・。

ケーキなんてあるのかですって?

 

どんなケーキかというと。。。。

ケーキ

そう、“ままごとセット”の中の、いちごのショートケーキ!

磁石でぴたっとくっついています。材木は上から順に

 

草木染フェルト・いちご

ヒノキ

スギ

サクラ

ヒノキ

 

となっています。

重ねている順番を変えて、いろんなケーキを連想してください。例えばレアチーズケーキや、スギの黒さを生かしてチョコレートケーキなど・・・。

 

苺はしっかりと固定してあるので取り外しできません。

実は、最初構想の段階では苺も磁石でくっつけるようにしようかと考えていました。その方がはさんであるスギにくっつけたり、苺なしのケーキにしたりと想像の幅が広がるからです。

でも、もし小さなお子さんが飲み込んでしまったら・・・。

そう考えて苺は固定することにしました。

もちろん、角は全て磨き、力を入れて握っても痛くないようにしてあります。

 

草木染のフェルトは、毎回届いたものが色が微妙に違うんですよ。

写真の苺は薄ピンクでへたも黄緑色っぽいですが、濃ゆいピンク色やへたが緑色のときもあります。きっと染め用の植物を採った時の季節や場所で、色に差が出るんでしょうね。その辺も面白いなぁとおもいます。

 

 

プレゼント、ケーキ、ご馳走、イルミネーション・・・。

わくわくがいっぱいのクリスマスまであと少し。

24日の晩ご飯は、どのご家庭でも子供たちの最高の笑顔が弾けることを願っています。

ふたご座流星群

2013.12.19

こんばんは、アカネです。

12月14日はふたご座流星群が降ってくる日でした。少し寒かったですが、毛布を身にまとって頑張って夜空を見上げてみました。

満月の前の月が明るく輝き、星を見るには絶好の日というわけにはまいりませんでしたが、それでも5つ流れ星を見ることができました。そのうちの一つはとても明るくて、1秒未満長い尾が残りました。

私にわかる星座はオリオン座と北斗七星だけ。もっといろんな星座を知っていれば、もっともっと楽しめたのにと少し心残りも。でも、あの大きな流れ星は一生忘れないでしょう。

もっと流れ星を見たくて15日の早朝も夜空の下に行きました。月は落ちて、深夜には見えなかった星がたくさん輝いていました。その時も3つほど星が流れるのを見ることができました^^

 

一人で星を眺めていると、友達と見上げた夏の夜空や、月食や、山の上で見た満天の星空を思い出します。

 

もし、親しい人と深い話がしたかったら、星空の下がおススメです。

星は人の心を落ち着かせてくれます。

相手の顔も自分の顔も気にしなくていい、ただ見えるのは星空だけです。

思い出話にふけったり、悩みを告白したり、宇宙について想いを馳せたり・・・。

そうして過ごしたとても豊かな時間は、日常の喧騒に紛れてしまっても、星空の下に立ったとき思い浮かんできます。星は、人を謙虚にさせてくれるのです。

 

冬の夜風は寒いですが、冬は一等星が最も多く輝くとき。

防寒をしっかりとして、家族で星を眺めてみませんか?少し大きなお子さんなら、あと後一緒に星を調べたり、星座の物語についてお話ししたり、宇宙の本を読んだり。いろいろと広がりそうですね。

また、小さなお子さんですと夜空をトナカイのひくそりに乗ってかけてゆく、サンタさんの話に興味をひかれるかもしれません。

 

 

さて、ストローファームの星のおもちゃと言えば、“カタカタ”。

カタカタカタカタ2

お月さまとお星さまがあります。枠は桜の木で、丈夫ですべすべ。中のお月さまやお星さまがくるくる、カタカタ回ります。

0歳児が初めて触れるおもちゃとして最適です。

流れ星に願いをかけると叶うなんていいますよね。また、中東では月は優しさや慈悲深さの象徴です。

お子様の幸せな成長を願うおもちゃです^^

 

この時期、街はイルミネーションで彩られ、地上に星座が降りてきたかのようです。お家をイルミネーションで飾っているところもありますね。

でも、たまにはみんなで星や夜空に触れてみませんか^^

ゆっくり、出汁心。

2013.12.18

こんにちは、アカネです。

皆さん、お料理は好きですか??私はめんどくさがり屋なので自分のためにはほとんどしませんが、食べてくれる人がいると張り切っちゃいます。

煮る、焼く、揚げる、和える、漬ける、干す、生…と料理法も食材も無限の日本は本当に恵まれていると思います。

そんな私が最近になって始めたこと。

それは基本中のキですが、「きちんとお出汁をとる」こと。

 

今までは夫が白だしなんかを買ってきて、それを使ってお汁や煮物などを作っていました。また白だしを買う前は、鰹節や煮干をぐらぐら沸かせていました。沸騰させてもさせなくてもそんなに味の違いはないだろう、大げさな、と思っていました。

ところがある日家中をぴかぴかに掃除したとき、心に余裕が生まれ、料理のときにお出汁をちゃんととってみようと思い立ちました。

 

煮干を二匹と昆布をひとかけ。二人分なのでこれで充分かと。

ゆっくりと沸かしてから、沸騰させないように気をつけて、よく出汁が出たと思ったら煮干と昆布を取り出します。

昆布は刻んでお汁やきんぴらの具にしたり。煮干は猫のおやつに。

 

この間他の料理も同時に作っているので、お鍋の様子を気にしながらの作業です。私は一度に複数のことを進行させるのが苦手なので、気持ちに余裕がある状態で作らないと失敗しがちです。

お出汁をきちんととると、自然に他の料理も丁寧にするようになります。

ゴマは指で潰すんじゃなく、すり鉢とすりこ木で香りを出して。

煮物の仕上げに柚子の皮を刻んで乗せて。

むいた野菜の皮でもう一品。

こんなふうに。

 

この、食材にも、食べる人にもゆっくりと向き合う、そんな余裕のある心を私は「だしごころ」と名づけてました。

 

丁寧にお出汁をとってみた夕食で、夫がお汁をすすって驚きの声をあげました。

味にとっても深みがあるのです。身体に染み込んでいくようなおいしさです。具もおいしくまとまっているし、ねぎが出汁や味噌の味を引き締めてくれています。

こんなにも違うものかと、本当に驚きでした。

 

今人気のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」にも、主人公が何種類ものだし汁を用意して、味を比べてみるというシーンがありました。

さすがにそこまではこだわれませんが、出汁の力を今更ながら実感しました。

 

今回私が書いたことは、多くの皆さんにとっては当然のことだと思います。もっと出汁にこだわっている方もいらっしゃることでしょう。

私も「出汁心」が当たり前な状態でいられるように、日々心に余裕を持って生きていきたいものです。少なくとも、出汁をとる時間がそれを思い出させてくれるでしょう。

消滅のアイソン彗星に願いを

2013.12.17

 アイソン彗星

アカネです。

 私はとっても冷え性で、昔は冬も秋も大嫌いだったのですが、今は冬もそれなりに好きになっています。(秋は大好きです。)冬は食材が長持ちするし、乾物を作る楽しみや、冬ならではの美味しい食材など楽しみもいっぱいです。

 そして冬の楽しみの一つが夜空。

 寒くてなかなかゆっくり見上げるというわけにはいきませんが、今年の11月は早起きして夜空を眺めた方も多いんじゃないでしょうか。

 そう、アイソン彗星を探して。

 

天文ファンではない私は結局アイソン彗星を観ることはかないませんでしたが、先ほどのNHKの番組―国際宇宙ステーションと中継を結んでアイソン彗星のことを解説していた―は充分楽しめました。

 アイソン彗星、消滅しなければ今頃は(12月上旬)太い尾をたなびかせた彗星がはっきり見えていたはずだったのです。

 NHKの番組では、彗星の消滅のメカニズムやアイソン彗星が生まれた場所などをとてもわかりやすく解説してくれていました。私なりに要約しますと、アイソン彗星は太陽系の端っこからやってきて、100万年の年月をかけて宇宙を漂った後太陽まで接近し、太陽の熱で内部の氷が解け、陥没する形で崩壊してしまったということでした。

 時間も、距離も、広大な宇宙で起きた、彗星の儚い消滅がなんとも印象的でした。

 

 もうひとつ、私が印象的だったこと。

 それは因果です。

 さらに番組の解説を要約いたしますと、もともと太陽系の中には無数の彗星が散らばっていました。木星や海王星などがお互いの重力の作用によって、太陽系の外側に移動していくと、彗星たちも木星の重力に弾かれるような形で、太陽系の端っこまで飛ばされたということです。

 このように宇宙の中でも原因と結果があり、さらにその結果が要因となって新たな作用が起こり、それによって他の何かが影響を受け・・・ということが果てしなく続いていくわけです。

 それは地球の中を見ても同じです。

 大陸の移動が環境や気候を変え、生き物たちの進化を促し、今の私たちがいます。

 そして人間の歴史もそうです。

 大航海時代というのは、もともとは寒冷期の頃の貧しかったヨーロッパの人々が、なんとか国を立て直そうとして資源を他の国々に求めたのがきっかけですし、今の世界のカタチもその上に成り立っているのです。

そして文明の歴史では、少数のエリートが自分の国や他の国の行く末を変えてしまうことが何度もありました。もちろんそのエリートたちもいろんな人や環境の影響を受けて育ってきたわけですから、もしかしたら私でさえも、のちの支配者たちにどこかでなんらかの影響を与えるかもしれません。

 それは、例えば私のしたことや言ったことが友人に影響を与え、その友人の家庭や子供へ影響が伝わり、その子供のお友達の将来に何らかの形で出てくるとか・・・

 例えば私が書いた文章をどこかの誰かが共感してくれたとして、その誰かの自己表現のきっかけになったりして・・・さらにその人の表現したことがより多くの人の心に響いたり・・・。

 私個人のしたことは、やがては見えないぐらいに薄まってしまっても、いい影響も悪い影響も、しばらくは人の間で波紋のように伝わっていくのではないでしょうか。

それならば。

 私は少しでも周りの人たちをいい気持にさせたいし、周りから伝わってきた悪い波は私の所で止めたい。世間は悲しみでいっぱい。でも悲しんでいる友達を少しでも楽にしてあげたい。そんな人になりたい。

 消滅したアイソン彗星を想って、そんなふうに感じました。

 *写真とアイソン彗星は関係ありません。

 

キャンドルナイト

2013.12.16

こんにちは、トモです。

保育園での冬の大きなイベントであるバザーを今年も開催しました。

保育園も数年前と比べて半数以上園児が減り、お手伝いできる保護者もかなり少なくなった今、自分達で出来る限りのことをしようと気合いが入りました。
朝早くからお母さんやお婆ちゃん方はご飯やお餅丸め、汁物。お父さん方はお餅つきの準備。

時間ギリギリまでかかったものの、豚汁やしし汁、たきこみご飯やおこわ類。お餅も白、あんこ、よもぎ、芋の4種ができあがりました。
お餅は近所のプロ並みのお婆ちゃんの横に張り付き、手つきや順序を勉強してきました。「可愛い可愛いと撫でてやるといい」と教えていただき、お餅をコロコロと可愛がりながら丸めました。でもやはり経験と、センスがいるんだなと実感しましたよ;^_^A

バザーは販売開始と共に沢山の方々に来ていただき、無事に終了しました。

行事のたびに勉強になる事が沢山あります。そして何かしらのトラブルも毎回起き、反省することでまたより良いもの、良いおもてなしが提供できると思っています。



そしてその日の晩。
安芸駅で行われたキャンドルナイトに行ってきました。

2009年の『土佐龍馬出会い博』で行われたキャンドルイベントから始まり今年で5年目。
見に行きたいと思っていたイベントに今年ようやく初めて行く事ができました。

安芸駅に到着すると沢山の人、人、人
!!大きな音楽!!
子ども達の顔が少し不安気に。

バンド演奏が行われているステージの周りに美味しそうな食べ物屋さんのテントが並び、様々な食べ物が販売されていました。
おにぎりやおかず系からケーキやタルトのデザートまで。
どれも美味しそう!(*´∀`*)

テントの人混みを抜けるとそこには沢山のキャンドルがキレイに並べられ、別世界が広がっていました。

キャンドルナイト

キレイなキャンドルに子ども達も「うわー!キレーイ!」と声が上がりました。人混みにドギマギした子ども達はキャンドルに癒されいつもの笑顔に。

素敵なキャンドルも沢山並んでいました。

キャンドルナイト2

その時イベントのお手伝いをしている友人を発見。
この日は風が強かったため次々に火が消えてしまうそうで、消えてしまった主役のキャンドル達に火を灯すお仕事もしていました。
イベントに訪れた人達に楽しんでもらえるよう影で支える人達の温かなおもてなしの心を感じたイベントでもありました。

今まではキャンドルイベントを写真でしか見てこなかったのですが、やはり実物を見た方が感じる事ができることの多さに気付く事が出来ました。本当に行って良かったー(*´∀`*)

キャンドルナイト3

今日も1日、また学ぶ機会を沢山いただけた事に感謝です(^ ^)

火花散る!クリスマス大“作”戦!

2013.12.14

クリスマス大作戦

こんにちは、アカネです。

クリスマスが近づいてきました!!皆さんのご予定はいかがでしょうか?家族と過ごす方、恋人や友達と過ごす方、仕事で終わってしまう方、特に予定のない方・・・過ごし方はそれぞれでしょうが、笑顔いっぱいの2425日でありますように^^

 

ストローファームは今クリスマスのご注文で、大わらわです。本当にありがとうございます^^

毎日「○○があと二つ足りない!」「○○の在庫があと3つになったよ」といった感じで、残れるスタッフは5時まで残業して一生懸命切ったり、貼ったり、磨いたり。

今日もこんなに出来上がりました!

写真は亜麻仁オイルを塗って乾かし中のおもちゃたちです。土日の週末に足りるといいのですが。(現在13日金曜日)

 

毎週金曜日は、土日の注文に足りるだろうか、月曜日になると、急いで作らないといけないのは何だろう、とはらはらします。

いつの間にかいろんなものの在庫が消えていくので、一生懸命作っているのに「あれが足りない!」「これがもう無い!」となるのです。またストローファームの商品はパーツが多いので、組み立てるまでの行程に時間がかかったりするのです。

 

私が今日作ったのは、基本つみきの箱に貼るうさぎさんやくまさんたちの顔。(写真では右奥の箱に貼っているのがそうです^^

それから、カタカタを組み立てて仕上げ。(つみきの一つ奥に大量に並んでいるのがカタカタです)

他にも、写真には写ってないですがおふろでちゃぷちゃぷの網枠やお魚さんたちを磨いたり、切ったり。明日糸ノコで切るものの用意をしたり。

時間が経つのはあっという間です。

 

ストローファームの冬の風物詩として、薪ストーブのことは以前書きました。もう一つ、あるんです。冬ならではのものが。

それは静電気です。

サンダーで磨いているとぱちぱちと足や腕に来ます。お風呂に入るときに太ももや腕を見ると、赤くなっているというスタッフも。

特にサンダーを高速回転にして、力を込めて磨いていると静電気も激しくなってきます。指先が機械や機械に接しているものに触れたとたん、「パチッ!」と横からでもはっきり聞こえる音が。そしてふわっと逆立つ後頭部の髪の毛。

きっと暗闇にしたら、磨いている私たちの周りは青い閃光がほとばしっているに違いありません。

 

クリスマス間近、ストローファームは文字通り火花を散らしながら大“作”戦の真っ最中です。ストローファームの商品をご検討の方、ぜひぜひお早めにご注文くださいね。

おふろでちゃぷちゃぷ

2013.12.11

こんにちは、トモです。
12月に入り、沢山のサンタさんからのご依頼によりストローファームの工房は毎日大忙しです。クリスマスに素敵な笑顔が見られますようにと願いを込め、スタッフが一つ一つ時間をかけ手作業で作っています。
ご注文はお早めにお願いします(^-^)

夕方からだんだんと冷えるようになり、夏場はシャワーが多かった我が家も最近は毎日温かいお風呂を沸かすようになりました。
疲れた体を沈めると「ほうっ」と息が漏れ疲れが癒されます。夫の母の実家があるお山では今年も柚子が実り、収穫した柚子をお風呂に入れて香りも楽しんでいます。

子ども達にはもう一つ楽しみな事が。
そう、『おふろでちゃぷちゃぷ』!

お風呂に入る時間になると末っ子が湯船にちゃぷちゃぷの仲間たちを投げ入れます。
クジラ、たこ、イカ、トビウオ、カツオ、鯛、ヒトデ、タツノオトシゴ、ヤドカリ、イルカ、
ユラユラと湯船に浮かぶのを見たら子ども早く入りたくてウズウズしているのがよく分かります。
「えー!頭イヤやなぁー!」「えー!まだー!?」と私に洗われながら目はずっと湯船に釘付け(笑)

洗い終わった途端「イェーイ!」と大喜びで湯船へ!
早速網を握ると次々と救いあげて「こんなに取れたでー」と嬉しそうにみせてくれます。自分用の桶に獲れたちゃぷちゃぷの仲間たちを入れては、また湯船にじゃぽん!何度も繰り返して私に見せてくれます。柚子を入れた日は柚子をすくってみたり。
上手に出来たことを褒めると、ニヤニヤしつつもちょっぴり誇らし気にするその表情にこちらも笑顔が溢れてきます。

魚釣りが終わると次はお風呂の淵っこで積み木を一緒に楽しみます(^-^)

上手に積めたよ!後ろでかくれんぼする末っ子(*´∀`*)

ちゃぷ

どれとどれを積もうかな?
どっちが高く積めるかな?
競争していると末っ子が私の積み木をじゃぽん!と湯船に落としてケラケラ笑います。
お風呂の中は笑い声が響き、ついつい長風呂になってしまいますσ(^_^;)

お風呂はいつも私が先に出るのですが、私が拭いている間もちゃぷちゃぷの仲間たちは末っ子と一緒にお風呂で待ってくれています。

「出ようかー」と声をかける「えー(´Д` )」としぶる末っ子。
また明日も遊ぼうねとちゃぷちゃぷの仲間たちともお約束。

お風呂から出た後はバタバタと忙しいとは思いますが、ちゃぷちゃぷの仲間たちもタオルで拭いて乾燥をさせてあげてください。

ちゃぷ2

木も生きていますから、ケアをしてあげると喜びますよ。

寒い日の夜、ちゃぷちゃぷの仲間たちとお風呂で温もりませんか?
皆の笑顔を仲間たちが待っていますよ♪

1 / 212



山のくじら舎ブログ
ショッピングガイド
  • お支払い方法について
    ●クレジットカード支払い
    VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEXがご利用いただけます。
    クレジットカード
    ●Amazon Pay
    ●代引き決済
    お荷物を受け取る際にお支払い。
    (代引き手数料315円:お客様負担)

    送料について
    全国一律 500円
    1万円以上お買い上げの場合は、送料無料・代引料無料でお届け致します。

    よくある質問についてはこちら

    プライバシーポリシーこちら
  • 電話・FAX注文について
    お電話・FAXにてご注文される場合は、代引き決済にてお支払いをお願い致します。

    返品・交換について
    お客様のご都合による商品返品をご希望の場合は、誠に申し訳ございませんが、送料はお客さまご負担で5日以内にお送りくださいませ。
    万が一ご購入商品が不良品であった場合や、ご注文と異なる商品が届いた場合は、大変申し訳ございませんが送料は着払にて(商品到着後3日以内に)ご返品ください。
    弊社に商品が到着次第、確認させて頂いた後、すぐにお取り替えさせて頂きます。但し、故意に破損されたと見なされる場合は返品をお受け出来ない場合がございますのでご了承くださいませ。
    ※名入れをした場合、お客様都合の返品はお受け出来ません。
  • 領収書について
    発行可能です。ご注文の際、お申し付け下さいませ。

    お届けについて
    商品は1点1点手作りのため、只今発送まで2〜3週間ほどかかります。
    在庫があるものはすぐに発送いたします。

    山のくじら舎について
    会社名:山のくじら舎
    住 所:〒784-0043
    高知県安芸市川北甲1967番地
    TEL:0887-34-4500
    FAX:088-813-0167
    受付時間:9:00 - 16:00
    定休日:土日、祝日、年末年始
    info@yamanokujira.jp
SaveTheEarth
山のくじら舎の製造販売している商品は、カーボン・オフセット商品になります。高知県安芸市の森林整備を通じて地球温暖化防止の為に役立っています。